会社設立手続きの流れと必要書類

会社設立

東京で株式会社を設立する方法としては、発起設立と募集設立の2つありますが、通常は発起設立が多いです。
その発起設立で会社設立する際の大まかな手続きの流れや必要書類について知っておくと参考として役立ちます。
東京で会社設立する際の手続きの流れですが、まずはどのような会社にするかを決定するのです。
会社設立事項として決める内容としては、商号(会社名)・本店所在地・事業目的・資本金・役員などがあります。
次に会社の基本的なルールをまとめた定款を作成しますが、定款には決まった書式はありません。
ただし、必ず記載しなければならない絶対的記載事項、記載しておかなければ有効にならない相対的記載事項、記載してもしなくてもいい任意的記載事項があるので注意が必要です。
定款作成ができたら公証役場で公証人の認証を受ける必要があって、認証を受けるには紙に印刷した定款を認証してもらう方法の他、電子定款を公証役場にオンライン送信して認証してもらう方法もあります。
この定款認証の手続きが完了したら資本金を発起人の代表者の個人口座に振り込むことになるのです。
最後に登記申請書を作成して、添付書類と合わせて法務局の窓口に提出すると会社設立手続きは完了します。

東京で会社設立登記を行う際の必要書類としては、定められた書式に従って作成された登記申請書があります。
一般的にパソコンで作成しますが手書きでもOKで、ただし鉛筆書きは不可となっていて、黒インクのボールペンなどを使用して書く必要があるのです。
登記申請する際には登録免許税を収入印紙で納めるので、登記申請書にその収入印紙を貼付するための台紙を作成して添付します。
公証人の認証済みの定款も必要書類で、紙の定款なら定款の謄本を、電子定款なら磁気ディスクを添付して提出することになるのです。
資本金の払込があったことを証明する書面となる払込証明書も必要で、資本金の払込がされた発起人代表者の通帳のコピーと一緒に綴じて作成します。
また発起人の決定書・就任承諾書・取締役の印鑑証明書なども必要になりますし、資本金に現物出資がある時には、調査報告書・財産引継書・資本金の額の計上に関する証明書が必要書類となります。
それから会社の実印を法務局に登録する必要があって、通常は会社設立登記申請時に印鑑届書を同時に提出して印鑑登録をします。
ですから、会社設立の必要書類と一緒に印鑑登録の必要書類も用意する必要があるので忘れないようにすると良いです。