会社設立の資本金

会社設立

会社設立するときにはその会社についていろいろなことを決めないといけません。
その決定事項の1つが資本金です。
名前だけは聞いたことがある方が多いと思いますが、これは何かというとその会社が保有している資金のことです。
会社もある程度の自己資金がないと活動できません。
あらゆる活動のための自己資金としていくら持っているのか、それを示すのがこの資本金です。

これをいくらにするのか会社設立の段階で決めないといけません。
ちなみにいくらでないといけないといった決まりはあるのかというと、現在は基本的になくなっています。
以前は1000万円という基準がありましたが現在は一部の業種を除いて指定はありません。
最低額として1円以上と決まっていますが、これはもうあってないような規定ですね。
ただし資本金0円での会社設立はできません。
かならずいくらかは資本金を用意する必要があります。

ではいくらにすればいいのでしょうか?
これはケースによっても違うのですが、少なくとも100万円以上の資本金は用意した上で会社設立する方が多いですね。
具体的にどれくらい必要なのかは毎月必要な費用によります。
会社設立直後、半年程度は無収入でも経営できるくらいの金額があると望ましいです。

なぜかというと起業直後はビジネスがうまくいくという保証もありません。
できたばかりの会社ですからすぐに売上が伸びるとも限りません。
その関係で赤字になることもよくあります。
そのときにしばらくは営業できるだけの資本金があれば落ち着いて経営を続けられますよね。

その猶予期間中になんとか事業を軌道に乗せると起業も成功となります。
とはいえ創業直後からすぐに事業が軌道に乗るとは限りませんから、多少の赤字にも耐えられるようにしばらく無収入でもやっているだけの資本金を用意しておきたいのです。

そのため具体的にいくらなのかは月の出費の見込みによります。
その会社の経営のために月20万円ほどは必要な見込みなら100万円の資本金で5か月は経営できます。
このように1か月に必要な費用の見込みと、無収入でもやっていける期間から資本金の金額を決めるといいです。
その関係で100万円以上の資本金を用意して起業する方が多いですね。

資本金の金額に指定のある一部業種でなければ、1円以上のお金があれば会社設立できないといったことはありません。
自社に必要と思われる金額を用意して起業するといいでしょう。
なお、あまりに金額が少なすぎると設立後の経営が厳しくなったり、金融機関でお金を借りにくくなったりします。
その会社の経営に妥当と思われる金額をなるべくちゃんと用意するようにするといいでしょう。