東京での会社設立代行サービス

これから東京での会社設立を行う場合、準備しなくてはいけない書類や費用、各所への届け出などたくさんのタスクを抱えることになります。
時間に余裕のある方であれば対応できますが、日頃忙しくされている経営者の方にとっては時間的にも厳しいこともあるでしょう。
忙しい方におすすめなのが会社の設立を代行業者に以来するということです。
時間を節約することができるだけではなく、個人が設立作業を行うよりも迅速に立ち上げることができます。
それだけではなく、専門家のチェックが入るためより確かな起業が可能になるのです。
会社設立代行サービスに依頼するとはどのようなことなのかを確認してみましょう。

会社設立代行サービスとは主に税理士や司法書士、行政書士などが提供している士業サービスになります。
事務所やセンターなどとして個人経営者向けに会社設立の代行や相談などのサービス展開を行っています。
会社を立ち上げるまでの必要な書類の作成や手続きなどを各専門家が集まることで的確かつ迅速に行えるということが特徴です。

例えばこれから全くの知識が無い方が会社を立ち上げるとするとおよそ1ヶ月から2ヶ月に時間を要することが考えられます。
また各所に出向き、相談や指導を受けていると設立に関してかかりきりになってしまいます。
こういった手間を省くことで経営に専念しながら法人化をすすめていくことが可能になるのです。

また会社設立代行サービスに依頼することで、株式会社設立に関する費用を節約できることもポイントです。
会社の憲法と呼ばれる定款を作成する際に、一般の方であれば紙の定款を作成し提出することになります。
紙の定款の場合は認証を受ける際に収入印紙が必要になり、およそ40,000円ほど必要になるでしょう。
会社設立代行サービスに依頼すると定款を電子定款で作成することが可能になります。
電子定款は認証の際の収入印紙が不要なため、設立費用を節約することが可能なのです。
会社設立代行サービスのほとんどがこの節約できる4万円程度を相場にし、依頼を募っているため、個人で手続きした場合と費用が変わらずに会社を立ち上げることができるのです。