東京での会社設立の費用

東京でこれから会社設立するにあって費用はどのくらい用意すべきなのかを知っておくことは大事です。
いつどれだけのお金が必要になるのかを知っておくことで備えることができますし、準備も余裕をもって行うことができます。
会社設立に関する費用も決して少額とは言えませんので、前もって準備するためにもまずは知識として抑えておきましょう。

まず合同会社を設立する場合に必要な費用は100,000円程度となっています。
実際の諸費用の内訳について、定款に貼る収入印紙代として40,000円が必要です。
紙で提出する場合には収入印紙が必要ですが、電子定款の場合は収入印紙代は不要となります。
次に定款の謄本手数料が必要です。
これは会社登記の際の手続きに必要であり、1ページ250円となっています。
そのため約2,000円程度が必要となるでしょう。
最後に必要なのが登録免許税です。
登記時の手続きのために必要であり、資本金の0.7%の金額または60,000円のいずれかの高額な方となります。
一般的な合同会社設立の場合は約100,000円、電子定款を提出することで約60,000円で設立を行うことができます。

次に株式会社として会社設立に必要な費用として最低限必要な額が250,000円となっています。
まず紙で定款を提出する場合に必要な収入印紙が40,000円、電子定款の場合は収入印紙は不要となります。
次に定款の認証時に公証人に支払う手数料は約50,000円となっています。
そして定款の謄本手数料は1ページ250円となっており、約2,000円程度必要となります。
最後に登録免許税が必要となります。
登記の手続きのために必要で、資本金の0.7%の金額、または資本金の金額が2,143万円以下の場合には150,000円となります。
これらすべての費用を概算するとおよそ250,0000円であり、電子定款での提出の場合は約210,000円となるでしょう。