東京での会社設立の助成金

これから東京都で会社設立する際に、ぜひとも知っておきたいのが補助金と助成金です。
これらは国民に対して公的な制度であり、基本的に返済の義務はありません。
そのため知らないとこれらを受けることができなくなってしまい、結果として納めた税金の一部返納を受けられないということになってしまうでしょう。
そのためしっかりと活用しておきたいですね。

この中でも助成金についてはぜひチェックしておきたいでしょう。
助成金は社会的な困窮者へのサポートかつ働きやすさの環境整備に対して支給されるものであり、条件を満たしていれば支給されるものです。
申請時期が定められていないことが多い代わりに比較的少額となっている傾向があります。
補助金はあらかじめ予算が決まっており、募集時期も決まっているため創業のタイミング次第では申請することもできないことがあります。
助成金の場合は通年申請できることが多く、登記の際にはぜひ申請を行っておきたいですね。
しかし注意しておきたいのは募集口数が多いものに関しては倍率も高くなるため確実に受け取ることができないという点です。
また助成金に関しては複数の受給がNGとなってしまうこともあるため、あらかじめチェックしておくようにしましょう。

助成金に関しては厚生労働省や民間団体、企業が支給しているものが多いです。
厚生労働省は主に雇用促進を目的とした助成金であり、民間は全体社会に対しての利益になることを目的として行っているものが主体となっています。
中には高額な助成となっているもののありますので、助成金に関しての各種ウェブページや厚生労働省のホームページを確認しておきたいですね。

次に抑えておきたいのは地域中小企業応援ファンドのスタート・アップ応援型です。
各都道府県ごとによって支給額が異なりますが、様々な事業に対して対象となるため幅広い方が受け取ることが可能です。
まずは各中小企業振興公社の助成金一覧からチェックしてみると良いでしょう。