東京での会社設立の補助金

東京で会社を設立する際に資金繰りに苦労することもあるでしょう。
会社設立する時に知っておきたいことのひとつとして補助金の存在です。
補助金とは国から国民に対して一定の金銭を支給する制度です。
補助金などの公的な制度は申請し忘れてしまうと支給を受けることができない場合もあります。
返済する必要もなく、支給を受けることでマイナスになることもないので、ぜひ活用しておきたいといえるでしょう。

補助金とは日本の経済活動を推進する目的で支給されている公的な資金のこと、あらかじめ予算が決まっているため審査が厳しい反面大きな金額になるということも少なくありません。
注意しておきたいポイントとして応募時期が限られていることが多いことです。
そのため日頃からチェックしておく必要があります。
創業時に受けることができる補助金に関しては経済産業省が募集しているものや地方自治体によるものが多いです。
地区や自治体に寄って方針が異なるためいずれにせよ登記時にしっかりと調べておくことが重要です。
各自治体のホームページなどに記載されていることが多いので、確認しておきましょう。

これから東京で会社設立を行う方はぜひ知っておきたい補助金をチェックしてみましょう。
まずは 創業・事業承継補助金です。
こちらの補助金は新しいアィディアを持った事業者に向けた補助金です。
既存にはない新しい雇用や需要を生み出すことができると認められれば支給されます。
支給額は最高200万円と高額であり、事業によっては申請してみる価値はあるでしょう。

次に抑えておきたいには小規模事業者持続化補助金です。
卸売業や小売業、サービス業などなどの小規模事業者を対象とした補助金であり、地区の商工会議所の指導も受けることができます。
支給額は最高50万円となっていますが、共同事業の場合は100〜500万円となります。
事業や販路拡大のアドバイスを貰えるなど申請するメリットが大きいことも特徴になっています。